リンク

部長ご挨拶

心臓血管外科部長  藤井 正大

心臓血管外科は2020年4月より新体制へ

開院以来、院内各科をはじめ地域の医療機関の先生方や医療従事者の方々の多大なるご支援ご協力を賜り、診療実績を積み重ねられたことに深く感謝します。手術症例数は、2007年度以降徐々に増加し最近では年間平均270例(開心術・大動脈手術は118例)となっています。また、手術成績に関しては、日本の公式データベース(National Clinical Database :NCD)に基づいた術前の予測手術リスクと比較しても当科の手術成績は良好です。さらに、日本医科大学心臓血管外科は、新たな大学院教授の誕生とともに2020年4月から千葉北総病院も新体制です。

間口の広い入り口をめざす

地元や地域の先生方の診療を尊重し、気軽にご相談して頂ける病診連携・病病連携を重視するとともに、患者さん側には診療内容について平易で分かりやすい説明を尽くします。外来診療体制も刷新し、診療情報提供書によるご紹介はもとより、可能な限りお電話のご相談にも対応しますので医療連携支援センターに御連絡下さい。

断らず、1例でも多くの受け入れ

緻密な術前評価、質の高い丁寧な手術、抜かりのない術後管理を実践します。高齢者や重症例が増えている現状の中で“できない理由”よりも“可能性のある治療”を探すことに情熱を傾け、最善の医療の選択肢は何であるかを患者さんとともに追求していきます。また、大動脈疾患や心筋梗塞などの緊急手術への対応や複数診療科に跨がったハイブリッド治療にも積極的に取り組んでいます。

出口戦略の充実をはかる

多職種によるチーム医療を展開して、自宅・日常生活への復帰を目指した医療を提供することを心掛けています。実際に、術直後から早期離床チームが介入し、回復期リハビリ施設との連携も強化しています。

『克己殉公』を胸に

克己殉公とは、『我が身を捨てて、広く人々のために尽くす』という意味の日本医科大学の学是です。当科スタッフ一同は、地元・地域の患者さんの期待に応えるべく、これまで同様、確固たる科学的根拠に基づいた治療戦略(サイエンス)、外科医としての精緻な手術手技(アート)、そして、患者さんやご家族に信頼され、ともに泣き、ともに笑い、ともに治療に携わる関係の構築(ヒューマニティ)を三本柱として高いモチベーションを持ち、日々懸命に診療を行っていますので、安心して受診して下さい。

〒270-1694 千葉県印西市鎌苅1715 TEL: 0476-99-1111 FAX: 0476-99-1991
Copyright © 2013 学校法人日本医科大学 All rights reserved.