リンク

活動報告(2017年)

<< 2018年の活動報告はこちら
>> 2016年の活動報告はこちら

2017年11月 ウェットラボを行いました。

2017年11月ウェットラボ

11月29日 臨床実習に来た医学部5年生を対象にウェットラボ(豚の心臓を用いた実習)を行いました。

心臓の解剖を復習しつつ、生体弁を用いた弁置換術を体験してもらいました。 今回も、手術部看護師さんの勉強会を実施しました。

2017年11月 太田医師、山田医師が学会発表を行いました。

太田恵介医師

当科助教 太田恵介医師 、専修医 山田直輝医師が、11月11日東京で行われた 第175回 胸部外科学会 関東甲信越地方会で発表を行いました。

演題名(太田)

「MVP術後5年でパンヌス形成により生じたMSに対し再手術となった1例」

演題名(山田)

「左心耳閉鎖デバイスAtriClipを用いたVSD閉鎖・僧房弁三尖弁形成術・肺静脈隔離の一例」

2017年11月 藤井医師が学会発表を行いました。

日本臨床麻酔学会第37回大会

当科准教授 藤井正大医師が、11月3日-5日東京で開催された日本臨床麻酔学会第37回大会のスポンサードシンポジウムで口演発表を行いました。 今回の会長は、本学理事長 坂本篤裕教授でした。

2017年10月 村田医師が学会発表を行いました。

村田智洋医師

当科専修医(在籍4-9月)村田智洋医師が、10月東京で行われた 第25回 血管外科学会 関東甲信越地方会で発表を行いました。今回の会長は、当大学の師田教授でした。

演題名

「遮断部位を工夫し異所性腎動脈再建を行った馬蹄腎合併腹部大動脈瘤の1例」

2017年10月 ウェットラボを行いました。

2017年10月ウェットラボ

10月26日 臨床実習に来た医学部4年生を対象にウェットラボ(豚の心臓を用いた実習)を行いました。

心臓の解剖を復習しつつ、生体弁を用いた弁置換術を体験してもらいました。 今回も、手術部看護師さんの勉強会を実施しました。

藤井医師が学会発表を行いました。(2017年09月)

藤井正大医師

当科准教授 藤井正大医師が、9月26日-9月29日札幌で開催された 第70回日本胸部外科学会定期学術集会でポスター発表および口演発表を行いました。

演題名
「心房細動対策手術の遠隔期成績の検討」
藤井正大医師

演題名
「開心術症例における
 周術期アクアポリン2の変動について」

2017年09月 ウェットラボを行いました。

2017年9月ウェットラボ

9月6日 臨床実習に来た医学部5年生を対象にウェットラボ(豚の心臓を用いた実習)を行いました。

心臓の解剖を復習しつつ、生体弁を用いた弁置換術を体験してもらいました。 今回は、手術部看護師さんの勉強会も実施しました。

2017年7月 毎年恒例の納涼会を開催しました。

2017年6月ウェットラボ

7月18日 心臓血管外科および呼吸器外科の共催にて、今年前半の慰労と後半への士気高揚を目指して、ラディソンホテル成田で恒例の納涼会を開催しました。

2017年06月 ウェットラボを行いました。

2017年6月ウェットラボ

6月28日 臨床実習に来た医学部5年生を対象にウェットラボ(豚の心臓を用いた実習)を行いました。

心臓の解剖を復習しながら、牛心膜弁(生体弁)を用いた弁置換術を体験してもらいました。

2017年06月 ウェットラボを行いました。

2017年6月ウェットラボ

6月7日 臨床実習に来た医学部5年生を対象にウェットラボ(豚の心臓を用いた実習)を行いました。

OSCEを思い出してもらいながら、牛心膜弁を用いた弁置換術が課題でした。

2017年03月 太田医師が学会発表を行いました。

第173回 胸部外科学会 関東甲信越地方会

当科助教 太田恵介医師が、3月東京で行われた第173回 胸部外科学会 関東甲信越地方会で発表を行いました。

今回の会長は、当大学の新田教授でした。

演題名

「ステロイド治療が著効した開心術後収縮性心膜炎の1例」

2017年02月 藤井医師が学会発表を行いました。

藤井正大医師

当科准教授 藤井正大医師が、2月26日-3月1日東京で開催された第47回 日本心臓血管外科学会学術総会でポスター発表を行いました。

演題名

「慢性呼吸器障害が開心術後成績に与える影響」

2017年01月 ウェットラボを行いました。

2017年1月ウェットラボ

1月18日 臨床実習に来た医学部5年生を対象にウェットラボ(豚の心臓を用いた実習)を行いました。

今回は生体弁を用いて弁置換術に挑戦してもらいました。

〒270-1694 千葉県印西市鎌苅1715 TEL: 0476-99-1111 FAX: 0476-99-1991
Copyright © 2013 学校法人日本医科大学 All rights reserved.